トップページ > 企業情報 > 研究開発・製造技術

研究開発・製造技術

ニーズに応える確かな技術力
研究開発・製造技術部門は開発型企業の要として、『かつお』に関連したあらゆる分野の研究開発・製品開発をおこなっています。




素材開発部門

素材開発部門では、よりおいしい鰹節を製造するための製法開発、鰹節の加工工程で産出される副生物を用いた加工食品用素材の開発などを行っています。
安心・安全で良質な製品ができるよう日々研究・努力をしています。
 素材開発

商品技術部門

商品開発部門では、素材開発部門で得られた成果を活用し、かつお加工食品(つゆ・佃煮・エキス・だしの素・だしパックなど)について、技術に裏付けされた安全・安心で確かな品質を持った商品の開発に取り組んでいます。新商品の開発から工場製造まで、他部署と連携し、製品化に携わります。積極的に顧客先を訪問し、当社製品の利用方法の提案や新商品の情報収集なども行っています。
 品質保証部門

検査部門

製造部門の安全・安心なものづくりの結果としての製品は全て、検査部門において厳しい基準で検査されます。近年食品の安全性に求められるレベルは益々厳しくなっており、迅速に対応すべく、幅広い項目について検査が行える体制になっています。またその結果はすぐに製造部門にフィードバックされ、よりよい製品をつくる為のデータとして生かされています。
 検査部門




(株)かつお技術研究所(KGK)

㈱かつお技術研究所は『環境への配慮。資源を大切に』をモットーにかつおのすべてを利用する副生物高度利用技術・研究開発を行っているグループ会社です。

鰹を100%食す
かつお節の製造において生ずる副生物(頭、腹皮、内臓、骨等)を利用し、斬新なアイデアでこれまでにないかつおエキス、かつお魚醤などの新しいタイプの食品をつくりお客様に提供できるよう、研究・開発を行っています。
かつおを丸ごと食品として利用し、資源の有効活用につなげる。
これこそ、”かつお技術研究所”の目指すものです。
 (株)かつお技術研究所(KGK)



  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)