トップページ > 食育 レポート > 2005年7月21日 『静岡県浜松市内の小学校でかつお節の講習』
2005年07月21日

『静岡県浜松市内の小学校でかつお節の講習』


小学6年生の総合学習の時間に、かつお節についての講話と、かつお節の削り体験を行いました。
かつお本節を初めて触る子供が多く、貴重な体験になったようです。


かつお節ってどうやって作るの?

 

かつおはこんな魚だよ

「シマシマ模様がトレードマークのこの魚『かつお』が『かつお節』になるんだよ」
生のかつおとかつお本節を比べて、「かつお節になると、重さは約1/6になるんだよ」

ビデオと資料でかつお節の作り方を学びました。

 

かつお節を削ってみよう

今回は人数が多く、残念ながら全員に削り体験してもらうことができませんでしたが、友達が削った削りたてのかつお節をみんなで食べて、味や香りの違いを体験しました。

 

先生も挑戦!

「シュッシュッシュ」力強い削りの音に生徒たちは歓声をあげていました。



講習に参加した子どもたちの感想

  • 私たちが知らず知らずに食べているものでも、かつお節が入っていることがわかりました。
  • 削り器で削るのがとてもむずかしくて、ほんとうにけずれているのかすごく心配しました。でも中を見ると、お店で売っているのとおなじくらいうまくできていて、自分でもすごくびっくりしました。
  • 実際にやってみたら、力がいるし工夫しないとけずれないので大変でした。自分がけずったかつお節はすごくおいしかったです。かつお節のおみやげを家に持って帰って、お母さんがすごくおいしいといっていました。いい体験ができたと思いました。
  • 私は今までかつおぶしって自分はスーパーで買ってお好み焼きにのせたりしてただ食べるだけだったけど、時間をかけて育てたと聞いたら、これからはもっと味わって食べようと思いました。

食育 レポート

  • オンラインショップ
  • 会員登録キャンペーン
  • メーカー業務店の皆様へ
  • 直売店情報
  • 柳屋ギャラリー
  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)