トップページ > 食育 レポート > 2006年12月12日 静岡第一テレビ『古旗照美の食育Time もっと知りたい!かつお節講座』放送
2006年12月12日

静岡第一テレビで『古旗照美の食育Time もっと知りたい!かつお節講座』放送

12月12日静岡第一テレビ 静岡○(まる)ごとワイドの○ごと得ナビコーナーで、
『古旗照美(こばたてるみ)の食育Time もっと知りたい!かつお節講座』の3回目が放送されました。
今回は、「かつお節豆知識」です。


 いつも元気はつらつな「古旗照美」さん。古旗さんのタイトルコールで撮影場所の柳屋本店東小川店がパーッと明るくなりました。
本日のリポーターは石川さんです。



 

かつお節の歴史(いつからあるの?)

712年古事記の中に「堅魚(かたうお)」と書かれていたことから、その頃が原点と思われます。又、奈良時代や平安時代には、かつおの加工品が税として使われていたそうです。



 

「かつお節」の名前の由来は?

かつおを干すことから「かつおほし」が変化したという説や「いぶす」事から「かつおいぶし」が変化して「かつお節」になったという説があります。



 

戦国武士にも大事な食料

かつお節は、その呼び名の語呂が「勝男武士(かつおぶし)」に通じることから戦場への携帯食料として戦国武士に喜ばれました。



縁起の良いかつお節

かつお節には雄節(おぶし)と雌節(めぶし)の別があり、それを組み合わせると「鰹夫婦節(かつおぶし)」となり、夫婦一対になることから結婚式では引出物として喜ばれています。
また、出産や端午の節句、入学祝などの内祝に縁起物として利用されています。



 

体にも良く栄養豊富

かつお節は縁起物の魅力だけでなく、体にとても良く栄養も豊富な食べ物なのです。かつお節はかつおそのもののみを原料とした食品です。また、体に良いと言われるヨーグルトや納豆と同じ発酵食品の仲間です。



次回は「かつおをまるごと利用した商品」です。お楽しみに!


食育 レポート

  • オンラインショップ
  • 会員登録キャンペーン
  • メーカー業務店の皆様へ
  • 直売店情報
  • 柳屋ギャラリー
  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)