トップページ > 食育 レポート > 2008年6月2日 静岡第一テレビ『古旗照美の食育Time もっと知りたい!かつお節講座』放送
2008年06月02日

古旗照美の食育TIME もっと知りたい!かつお節講座

2008年6月2日、静岡第一テレビ、静岡○(まる)ごとワイド 静岡○ごと得ナビのコーナーで、『古旗照美の食育TIME もっと知りたい!かつお節講座』が当社東小川店から放送されました。

今回は第9回目。『脱メタボ!和食料理の大切さ』についてです。

メタボリック検診が始まり、健康を意識する方が増えてくる中、和食が注目されています。
そこで今回は和食料理のメリットについて教えていただきます。



ごはんを中心とした和食はどんな料理にも合います!

 ごはんはパンなどに比べてハンバーグやおひたし、お刺身など、どんな料理にも合うので、いろんな食材を食べることができるのです。



和食は脂肪分が少なくヘルシー!!

和食料理は洋食や中華と比べて調理時に油を使わないものが多いため、油脂分の摂取が控えられるんです。
例えば、食パン1枚とごはん茶碗一杯ではほとんど同じエネルギーですが、食パンにはバターをつけて食べたりしますので、約100kcalもエネルギーが高くなってしまうんですよ!

ごはん(茶碗1杯)食パン1枚
エネルギー:252kcalエネルギー:264kcal
+バター(1食分)75kcal

 



和食は食物繊維やミネラルが豊富!

 ごはんによく合う野菜の煮物や海藻類などには、食物繊維や、一般的にとりにくいミネラルが豊富なんです!
食物繊維は、便秘を解消し、体内の余分な脂肪を排出する働きがあると言われています。
また、ミネラルをバランスよくとることで貧血を予防したり、ダイエット効果を高めてくれます。



だしの風味で減塩効果!

 和食は塩分が気になりがちですが、だしをきかせることによって塩分を控えることができるのです。
だしの風味やうま味をきかせることで煮物や、みそ汁の素材そのままの味を引き立てるため、塩分を減らしてもおいしく食べることができるんです。

みなさんも和食を食べて健康的な体をつくりましょう!!

食育 レポート

  • オンラインショップ
  • 会員登録キャンペーン
  • メーカー業務店の皆様へ
  • 直売店情報
  • 柳屋ギャラリー
  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)