トップページ > 食育 レポート > 2014年8月7日 静岡県主催 食農体験学習指導者育成講座で和食の基本「だし(かつお節)」についての講話を行いました。
2014年8月7日

静岡県主催 食農体験学習指導者育成講座で和食の基本「だし(かつお節)」についての講話を行いました。


今回、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、静岡県主催の食農体験学習指導者育成講座の中で、和食関連の内容として、かつお節・だしについて講話を行いました。


かつお節の製造工程の説明

かつお節の製造工程をDVDで見ていただきました。

かつお節の削り体験(写真右)

かつお節と昆布の一番だしの取り方を実演。
ちょっとしたコツをお伝えしました。

今回は、教職員の方や栄養士の方も多く、『うま味の相乗効果』を体感していただくため、昆布だけのだしも用意いたしました。

 
だしの飲み比べでは、
1、昆布のだし
2、荒節(O'花花)と昆布を使った一番だし
3、だしの素
の3種類のだしの飲み比べを行いました。

1→2→3の順番で飲んでいただきました。
うま味の相乗効果として、1の昆布だし(グルタミン酸)と2のかつお節と昆布(グルタミン酸+イノシン酸)との味の違いを体感していただきました。
「だしの素はちょっとしょぱい。」「1と2で味が違う」などのお声をいただきました。

 

だし取りの実演(写真右)

本かつお節の削り体験を行っていただきました。
「昔削っていた。」という方と「初めて削る。」という方々がいらっしゃいました。
「雄節と雌節の違いは何?」などの質問をいただきました。
みなさん、削りたての香りを楽しんでいただきました。

終了後のアンケートで、「今後の食育の内容に取り入れてみたい。」といううれしいお言葉をいただきました。
より多くの方にかつお節・だしについて知っていただき、毎日でなくてもいいので素材からだしを取ってほしい。未来を担う子供たちに、受け継いでいってほしい。という思いで活動をしております。少しでも食育活動を行う皆様方のお力になれ、かつお節・だしについて知っていただく機会が広がればと思います。



食育 レポート

  • オンラインショップ
  • 会員登録キャンペーン
  • メーカー業務店の皆様へ
  • 直売店情報
  • 柳屋ギャラリー
  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)