トップページ > かつお節を知る・楽しむ > 縁起物としてのかつお節
【かつお節雑学】縁起物としてのかつお節

wk
 縁起物内祝としてよく使われる鰹節。
これには理由があります。


かつお節は、その切り口が、松の木の年輪に似ていることから、松の気高さを讃える意味で「松魚節」と呼ばれています。また「勝魚」「勝男節」とも呼ばれ、昔から縁起が良いものとされ、祝儀、中元、歳暮の贈り物として使われてきました。
特に、結納や結婚式では、かつお節は欠かせない存在です。雄節と雌節を合わせると夫婦一対となり、その形が亀の甲に似ていることや、表面の黒皮、肌の笹の葉模様、先端の梅形の削りを松竹梅に見たて、特に縁起の良いものとされ、『結婚式の引出物』として良く使われています。
また、かつおは「勝つ男」、節は「武士」にたとえて『勝男武士』(かつおぶし)に通じるため、元気な子に育つようにと『出産』や『端午の節句』の内祝に、「勝つ魚」に由来するものとして、『七五三』・『入学』の内祝、『快気内祝』などの贈り物として広く使われています。

→ 柳屋本店のブライダルギフトはこちら
→ 引出物豆知識はこちら
 
wk03_b

かつおおもしろ話 かつお節の歴史 かつお節のうまみ



  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)