トップページ > かつお節を知る・楽しむ > かつお節ができるまで
かつお節ができるまで
かつお節は、『発酵食品』です
バイオテクノロジーの原点といえる『発酵食品』は、人類が数千年も前から食してきました。もともとは自然界にいる微生物が食材に混ざり、発酵の起こる条件であったことから偶然できた産物です。
みそ、かつお節、醤油、梅干、納豆などの『発酵食品』は、日本人の伝統的な朝ご飯に欠かせないもので、スローフードとして現在見直されてきている食品です。
かつお節には「荒節」と「枯節」の2種類があり、かつおを煮詰めて煙でいぶしただけのものを「荒節」、「荒節」にかつお節菌を発酵させたものを「枯節」と言います。この「枯節」がカビを有効利用した『発酵食品』です。
line
製造工程
かつお節は6ヶ月かけて、生のかつおを重量換算で約6分の1まで加工します。かつおのパワーがギュッとつまっているのです!
削り方の種類・使い方
一言で『かつお節』といっても、用途に合わせて最適な様々な削り方があるのです。
かつお節の仲間
かつお以外の魚で作られる様々な節をご紹介。
その他のだし素材
料理によって、かけ合わせて使うと相乗効果により、旨味・風味が何倍にも増します。







お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-1234-08

平日
8:30~17:30

メールでのお問い合わせ_

  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)