トップページ > かつお節を知る・楽しむ > おいしいみそ汁を作るコツ
【一から学ぶ和食の基本】おいしいみそ汁を作るコツ

本格的にとった、おいしいだしを使っておいしい『みそ汁』を作ってみませんか?
 
毎日の食卓にのぼる『みそ汁』。鍋一つで作れる最も手軽なみそ料理の一つですが、地域によって使っているみそやだしの素材が違うので、味もさまざまです。みそのたんぱく質に具材によってさらにいろいろな栄養をプラスできる栄養価の高いすぐれものなのです。いつものインスタントのだしでなく、本格的にだしをとって『おいしいみそ汁』を作ってみませんか?味と香りがだんぜんアップします。

味噌汁

おいしいみそ汁を作るコツ
コツ1
少し濃い目のだしをとる。


 
コツ2
みそを入れた後はひと煮立ちさせたら、すぐに火を止める。
 
コツ3
みそは必ず控えめに入れ、味をみて、もし薄ければ追加する。


みそは味わいも色合いも様々
みそは大豆を主原料としてつくりますが、大豆でつくった豆こうじを加えると「豆みそ」に、米こうじを加えると「米みそ」に、麦こうじを加えると「麦みそ」になります。次にみその色の濃さにより、白みそ、淡色みそ、赤みそに分けられます。みそは気候風土や生活習慣、嗜好の違いにより、発酵条件も地域ごとに異なるため、各地の土地名をつけたさまざまなみそが作られています。
米みそみそ全体の80%を占めるもっとも普通のみそで、地域的には辛みその範囲がもっとも広く、米みその75%を占めます。
豆みそ
愛知、岐阜、三重の東海三県で作られ利用される典型的な地域食品で、濃い赤褐色で味も香りも濃厚で、八丁みそはその代表で、熟成期間は数年にわたります。
麦みそ九州独特のみそで、麦の風味と濃厚な味が特徴です。薩摩汁やからしれんこんなど九州の料理に用いられています。

 
wk03_b

素材の選び方・保存方法 かつお節を削ってみよう だしの種類・取り方


  • プライバシーポリシー
  • お客様相談室
  • お問い合わせ
ページの先頭へ
柳屋本店
〒425-0035静岡県焼津市東小川2丁目1番10号
柳屋本店本社:054-628-6108(代)